© 建築資材宝探し日記 All rights reserved.

20079/11

911に思う建築と平和

WTC(ワールドトレードセンター)が崩壊した史上最悪のテロ911から丸6年。今でもあの時の衝撃的な光景は深く僕の心に残っています。
僕はその時ニューヨークに居た訳でもなく、ただテレビに映し出される光景を見ていただけですが、あまりにも混乱して事態がよく理解できず、「とうとう世界戦争でも始まってしまったのか?」とひどく慌てて、実家に電話したほどでした。
昨年の9月11日はグランドゼロで追悼式典がありましたが、ちょうどビジネスセミナーの開催に合わせてニューヨークに居た僕は、当日の朝、グラウンドゼロにいました。早朝から亡くなった全ての方の名前を読み上げて行くのですが、ペンタゴンやユナイテッド93便も含めると約3000人という犠牲者、その式典は延々と続いたのでした。
僕はこのブログでも写真を沢山載せていますが、この場所に立つと、何故だかシャッターを押す気にはなれません。何故だか言葉を失ってしまう場所です。何故だろうと良く考えると、沢山の方が理不尽な死をむかえたということもあるのですが、WTCという巨大なツインタワーがここにあったはずなのに、まったく跡形もなく無いという途方もない空虚感と絶望感にさらされるからではないかと思っています。
WTCの設計士の一人にはミノル・ヤマサキさんという日系2世の素晴らしい建築家がその名を連ねています。ツインタワーは当時マンハッタンのシンボルでもあり、歴史に残るビルだったと思いますが、日本人がそれを設計していたということを知り、それだけで誇らしい思いがするのは僕だけではないと思います。
この911テロに限らず、これまで人類の犯した戦争やテロといった行為によって、人の命は言わずもがなですが、同時に世界中の素晴らしい建築物や街並みが無残にも姿を消しているということを思うととても残念でしかたありません。
僕は、ちょっとおかしなことを言うようですが、建物にも「命」があると思っています。建築はそれ自体が言葉を発しませんが、その場所にあり続けるという使命を持ってそこに意味を持って誕生したものだと捉えています。
古い話ですが、僕は大学の卒業設計で、「サイレントワーニング」(無言の警告)という作品を作りました。
福生にある米軍基地の滑走路のまさにその場所に、戦争によって無くなった建物の追悼の場として、もう軍事を目的とした飛行機の離発着はさせないという平和への願いを込めて、ランダムに、かつ時間軸に従って様々な施設、建物を配したのです。当時、学校推薦を受けて銀座のポケットパークでも展示されました。
その当時から、僕の根底にある建築への愛着というか想いは変わっていません。戦争やテロによる破壊行為に限らず、経済先行で頻繁に繰り返されるスクラップアンドビルドについてもどうかと思っています。渋谷駅周辺なんて、ほんの数か月も行かないと新しい建物が増えていて、「あれ、前ここなんだったっけ?」なんてことが日常茶飯事です。
話がいろいろと脱線しましたが、
建築に携わる者の一人として、今日のこの日に改めて平和であることの大切さと、次の世代に少しでも素晴らしい建築を伝え残していきたいという思いを新たにしています。
東京の今日の天気は、まるで熱帯地方のスコールのような土砂降りですが、それは言葉を発することなく崩れていった建物たちの涙なのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • tejas
    • 2007年 9月 12日

    WTCの展望台に2回、そしてWindows of the Worldというレストランにも行きました。
    3年前、LaGuardia空港からNJのNewark空港(?)に移動する時、マンハッタン島をタクシー横切りました。
    Downtownの方向を見れば見えていたWTCがない。NewYorkerだった私としてはとても複雑な気持ちでした。
    平和であることの大切さ、伝えていかないとダメですね。

    • くすりやさん
    • 2007年 9月 12日

    スバラシイ建築物を後世に残せるようにしたいですね。

    • tom
    • 2007年 9月 13日

    tejasさん、くすりやさん
    一人の人間の力は微力ですが、思い続けると輪として広がりますよね。きっと同じ気持ちの仲間がいるはずですし、これからも同じ想いで頑張ります。

    • ゆういち
    • 2007年 10月 01日

    はじめまして、突然のコメント失礼します。
    検索をしていたら巡り会ったものです。
    tomさんの考え、とても共感しました。
    僕も大学で建築を学んでおり、これから卒業設計をする身です。テーマは、平和と建築について考えてみたく、しかし、それはただ平和祈念のためのものではありたくないし、過去を浄化させるものでもあっては成らないと思ってます。9.11以降、建築界は確かになにかが変わってきていると僕も思います。確固たる権力が一瞬にして無力になるその様を見てしまった僕らは、その脅迫や恐怖にたいして、ただ逃げるだけなのか?建築がなすその意義は何なのか?ずっと考える日々です。tomさんの卒業設計のお話や、内容、tomさんの考えてらっしゃる思いを知りたくなりました。突然の長文、失礼しました。

    • tom
    • 2007年 10月 01日

    ゆういちさん、
    想いの伝わるコメントどうもありがとう!
    次世代を担う建築業界を目指す若い人達の中で、ゆういちさんのような問題意識を持ち得ている人がいるということは本当に頼もしいですし、僕のようなものの考え方に共感してもらえるだけでも光栄です。
    僕自身の卒業設計は過去の事実に軸足を置いたレクイエム的なアプローチでしたが、スポーツや音楽がそうであるように国とか人種とか宗教を超えて関わりあえるように、もっとポジティブに建築が成し得る「何か?」がないかを深く掘り下げていくようなアプローチも一案だと思います。
    それはたぶん「ハード」よりも「ソフト」の部分が重要で、人と人が関わり合う「新しい場所」の提供なのかもしれません。
    僕もこの種の話は好きですし、ここでは尽きないのでぜひメールなどを介して情報交換したいものですね。卒業設計、頑張ってください!

コメントは利用できません。
139

クラシカルなデザインを支える現代の技術

ようやく少しずつ春めいてきているでしょうか? 例年のことですが、暖かくなると同時に、花粉の季節の到来でもあり、うれしくもあり、辛くもあると…

cube003

テレビドラマにも使われています

マテリアルワールドのアイテム達は、みなさんの応援のおかげで、今では、いろいろな場所で使って頂けるようになりました。 なかなか公共の空間にお…

MIRAIYA003

エコでスリムでセーフティーな光

冬真っ盛りの2月。 みなさんの冬の過ごし方はいかがですか? もうすぐバレンタインデーも控えていて、外は毎日寒くても、ハートは熱い!という…

mont

みんなでつくるという喜び

しばらくブログを更新できずにおりました。 この間、ブログを見にきてくれたみなさん、ごめんなさい。 2015年も気が付けば1月末。 …

DSC_0875

物干し竿が無くなる日

冬本番。今年はホント寒いですね。 東京でも、もしかして雪が降るのかな? 今週末は選挙の投票日でもありますが、地域によっては大雪との予報も…

ページ上部へ戻る