© 建築資材宝探し日記 All rights reserved.

芝生に映える海からとれた大理石

マテリアルワールドのモザイクストーン商品、「トスカーナウェイ」。
このトスカーナウェイのぺブル(玉石)バージョンを展示会のブースで採用して頂きました。
展示会とは、流通センターで開催されている株式会社トコナメエプコスさん主催の「タッケフェスタ」。エクステリア業界の業者向け展示会です。展示ブースなのですが、本物の芝生を入れてあり、本格的にガーデンデザインの一例を再現しています。

テラコッタの大きな壺、ガーデンファニチャーがとてもいい雰囲気ですね。
一般の方にも見て頂ける展示会ではないのがちょっと残念でもありますが、その道のプロの方が一同に会する展示会ですので、先のGDP同様に沢山の人の目に触れられるといいなと思っております。

ホワイトのぺブルと、目地はライムストーンを使ったモルタルです。
ブースを取り囲んでいるのはタンブルコネクティングのホワイトです。

芝生のグリーンや植栽との相性もバッチリです。
いまやエクステリアの業界にも世界各地から沢山の種類の石が比較的安く調達されてきており、その競争は激しくなるばかりです。また、石だけでなくブロック製品、コンクリート製品、再生木材製品と、アイテムを挙げれば何万点という数になります。
その中で、どうしたら選ばれるアイテムになるのか???
素材の魅力だけでない、設計提案力、施工性、コストパフォーマンス、アフターフォローなどマテリアルワールド全体としての対応力が求められています。いわゆるブランドとしての付加価値がそこにあるのかどうかということです。これまで以上にこのことに向き合っていかなくてはなりません。
僕が心の底から惚れこんでいるトスカーナウェイ。ユニークでこんな素敵なアイテムが選んで頂けないとしたら、それは商品のせいではなく、100%マテリアルワールドの責任です。
もっと沢山の人にこの商品の素晴らしさを伝えるためにも、まだまだ頑張らなくてはなりませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • くすりやさん
    • 2007年 9月 09日

    こんなスバラシイものを一般の人にも見せていただきたいですね・・。お洒落な商品ですね!

    • tom
    • 2007年 9月 09日

    オシャレな建材って表現いいですね。建築資材でオシャレってあまり聞かないので。やっぱり人工物でないものには「何か伝わるものがある」とつくづく思う最近です。

コメントは利用できません。
139

クラシカルなデザインを支える現代の技術

ようやく少しずつ春めいてきているでしょうか? 例年のことですが、暖かくなると同時に、花粉の季節の到来でもあり、うれしくもあり、辛くもあると…

cube003

テレビドラマにも使われています

マテリアルワールドのアイテム達は、みなさんの応援のおかげで、今では、いろいろな場所で使って頂けるようになりました。 なかなか公共の空間にお…

MIRAIYA003

エコでスリムでセーフティーな光

冬真っ盛りの2月。 みなさんの冬の過ごし方はいかがですか? もうすぐバレンタインデーも控えていて、外は毎日寒くても、ハートは熱い!という…

mont

みんなでつくるという喜び

しばらくブログを更新できずにおりました。 この間、ブログを見にきてくれたみなさん、ごめんなさい。 2015年も気が付けば1月末。 …

DSC_0875

物干し竿が無くなる日

冬本番。今年はホント寒いですね。 東京でも、もしかして雪が降るのかな? 今週末は選挙の投票日でもありますが、地域によっては大雪との予報も…

ページ上部へ戻る