© 建築資材宝探し日記 All rights reserved.

10514642_637940096302729_6932078156301641612_n

イロイロな色のチカラ

サッカー日本代表残念でした…。

でも、まだまだ世界トップレベルの熱い戦いは続きます。寝不足には要注意です。

 

最近では、サッカーのユニフォームだけでなく、ボールもスパイクもカラフルになってきました。特に、スパイクの左右色違いというのはこれまでにない新しい感覚です。今までなら、同じデザインの色違いのものを2足大人買いして、自分でカスタマイズしないとなりませんでしたが、最初からこういう組み合わせだったらオシャレだし、イイですね!

 

色が持つ印象、色が与える印象というのは、どう見せたいかという点で大きなウエイトを占める訳ですが、マテリアルワールドのテキサスロックンウォールにおいても、素地で使うのか、はたまた塗装をして使うのか、何色の塗装をするのかで見え方が大きく違ってくるという事例をご紹介したいと思います。

 

007

まずは先日ご紹介した花博の事例から無塗装の場合の木材の色素が抜けてきた状態です。さらに日に焼けて白銀化してきます。それにより、テキサスロックンウォールのゴツゴツした強い印象もやわらいで見えます。

20140615-163250.jpg

こちらも先日ご紹介した事例から、明るめの赤みのあるブラウンで塗装されたものです。ハッキリ、クッキリ、明るく、そしてカジュアルな印象です。植栽や芝生のグリーンとのバランス、コントラストも素敵です。

P1050239

同じブラウンでもよりスタンダードな印象のカラーです。基本色とも言えそうな王道の佇まいです。

10514642_637940096302729_6932078156301641612_n

そしてこちらはブラックにシルバーの擦れ塗装。ゴリラカラーと命名したくなるような真っ黒でない感じが、炭化した木材のようにも見えますし、インパクトは絶大です。

 

同じテキサスロックンウォールでも、仕上げ塗装をどうするかで、こんなにも表情・世界観が違ってきます。石材と違って、木材はこのようにして使えるという魅力を備えています。

ぜひ様々なアイデアとデザイン力で自由に組み合わせてみて欲しいです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
139

クラシカルなデザインを支える現代の技術

ようやく少しずつ春めいてきているでしょうか? 例年のことですが、暖かくなると同時に、花粉の季節の到来でもあり、うれしくもあり、辛くもあると…

cube003

テレビドラマにも使われています

マテリアルワールドのアイテム達は、みなさんの応援のおかげで、今では、いろいろな場所で使って頂けるようになりました。 なかなか公共の空間にお…

MIRAIYA003

エコでスリムでセーフティーな光

冬真っ盛りの2月。 みなさんの冬の過ごし方はいかがですか? もうすぐバレンタインデーも控えていて、外は毎日寒くても、ハートは熱い!という…

mont

みんなでつくるという喜び

しばらくブログを更新できずにおりました。 この間、ブログを見にきてくれたみなさん、ごめんなさい。 2015年も気が付けば1月末。 …

DSC_0875

物干し竿が無くなる日

冬本番。今年はホント寒いですね。 東京でも、もしかして雪が降るのかな? 今週末は選挙の投票日でもありますが、地域によっては大雪との予報も…

ページ上部へ戻る